facebook更新中! facebook
トップページ TAKEROKUの取り組み1 竹の強化[割れ防止] TAKEROKUの取り組み2 竹のカビ防止 TAKEROKUの取り組み3 竹の防虫 TAKEROKUの取り組み4 竹の不燃化 施工例

TAKEROKUの取り組み2 −竹のカビ防止ー


効果を実証するために実施した試験でも「菌の発育が全く見られない」という判定が出ています


当社では竹材の防カビにも力を注ぎ、先端の研究開発で実用化された抗菌・防カビ剤による加工をすでに行っています。その効果を実証するために実施した試験においても抜群の結果を得ています。具体的な試験データは下部にご提示させていただきますが、供試竹製品5種類のいずれにおいても、実質上3年以上の評価基準で「菌の発育が全く見られない」という結果判定が出ています。この科学的な裏付けに基づき、当社では各お取引先へ揺るぎない自信を持って抗菌・防カビ加工を施した独自先進の竹材をご提案しています。

※内装使用に特定 ※極度の悪条件下での効果を保証するものではありません。




抗菌・防カビ剤加工  

抗菌・防カビ剤による加工


当社の抗菌・防カビ剤による加工は最大の効果を確実に引き出すために、すべて手作業で丹念に実施しています。溶剤を刷毛で竹材全面に塗り込めていく手間隙をかけた作業です。




抗菌・防カビ剤による試験の手順

●供試竹製品

(1)すだれ(大)(2)すだれ(中)(3)すだれ(小)(4)平竹(大)(5)平竹(小)以上の5点をそれぞれ長さ・幅共に3〜4cm程度にカットし、テストピースとして用いました。なお、抗菌・防カビ剤は水分散系と強制付着タイプの2種類を使用しました。


●処理の方法

(Ⅰ)水分散系の水溶液に浸漬処理(1分間)し、乾燥後に再度浸漬処理(1分間)を実施
(Ⅱ)強制付着タイプを噴霧処理し、乾燥後に再度噴霧処理を実施




試験菌の培養

●接種

湿式法による試験菌混合胞子懸濁液直接接種


●培地

ポテト デキストローズ アガー (PDA)
(クロラムフエニコール等の抗生物質無添加)


●シャーレ

角型シャーレ


●培養器と培養条件

 温度・湿度サーモスタット付き サーキュレーター
・温度:30℃±5℃
 変換時24℃-35℃
・湿度:95%±5%RH
 変換時90%RH以上


●サーキュレーター内の確認

培地に木綿の紐を浸してサーキュレーター内に吊るし、試料と同一条件の接種を行い、サーキュレーター内が菌の発育に適していることを確認


●試験菌活性確認

試験開始前10日間の培養による


●培養期間

30日間




テスト結果

●7日間=3ヶ月、14日間=1年、21日間=3年、30日間=3年以上の実質上の評価


検 体 培養期間
7日 14日 21日 30日
1 すだれ(大)#1703 1 −∼+ ++ +++ ++++
2
3
2 すだれ(中)#1704 1 −∼+ ++ +++ ++++
2
3
3 すだれ(小)#1704 1 −∼+ ++ +++ ++++
2
3
4 平 竹(大)#1706 1 ++ +++ ++++
2 +++ +++∼++++ ++++
3
4
5
6
5 平 竹(小)#1707 1 ++ +++ ++++
2 ++ +++∼++++ ++++
3
4
5
6

テスト概要

●すだれ(大) (1)ブランク (2)浸漬 (3)噴霧
●すだれ(中) (1)ブランク (2)浸漬 (3)噴霧
●すだれ(小) (1)ブランク (2)浸漬 (3)噴霧
●平 竹(大) (1)ブランク・表 (2)ブランク・裏
        (3)浸漬・表 (4)浸漬・裏 (5)噴霧・表 (6)噴霧・裏
●平 竹(小) (1)ブランク・表 (2)ブランク・裏
        (3)浸漬・表 (4)浸漬・裏 (5)噴霧・表 (6)噴霧・裏


5段階評価による結果判定


判 定 菌の発育状況
菌の発育が全く見られない
僅かに発育が見られる
++ 少し発育が見られる
+++ 中間的な発育が見られる
++++ 激しい発育が見られる



▲このページのTOPへ

製品開発・加工


銘竹加工

施工場所のニーズに合わせた竹割加工。

コーティングバンブー

ポリオート塗装で傷に強く、耐久性も抜群。

特選 彩紙

住空間、商空間の壁面を新感覚で彩る。

VERDE WEB CATALOG

VerdeVol6WEBカタログ
ウェブカタログを見る

環境への取り組み

環境保全竹資源プロジェクト21

作業風景や商品情報など更新中!

facebook