MENU閉じる

竹六商店の日記一覧BLOG LIST

  • 2020.08.04
    竹六商店の日記
    亀甲模様
    亀甲模様の杉網代です。 文様にも亀甲というのがありますよね。 『鶴は千年、亀は万年』の言葉があるように、長寿の象徴である亀。 そこからの意味合...
  • 2020.08.03
    竹六商店の日記
    晒竹・炭化煤竹 柾割
    竹の節を魅せる加工をしたものを私どもは 「柾割竹」と呼んでいます。 個人的には人間でいうところの骨を見せているような感覚なので、 「B...
  • 2020.07.31
    竹六商店の日記
    杉・桧無垢竹入竿縁・廻縁
    日々仕事をしておりますと、お客様のお話の中で施工しやすいものが共通して必要になっているなと感じております。 今現在ももちろんですが、何年も前からそのお話を...
  • 2020.05.26
    竹六商店の日記
    本煤竹
    お客様より時々聞かれるのは、 「煤(すす)竹ってありますか?」というご質問。 煤竹と呼ばれる竹には種類があります。 ・本煤竹(ほんすす...
  • 2020.04.28
    竹六商店の日記
    黒竹
    竹の木口は、口をパクパクさせながら、 餌を待っているような、そんな風に見えました。 写真は黒竹。 The cut end of...
  • 2020.04.23
    竹六商店の日記
    晒竹 湯抜き加工品
    傷があったり、 割れがあったり、 傷や割れがないものもあったり。 お客様の手元に届くのは、 それらの中から選別されたものです。 ...
  • 2020.04.22
    竹六商店の日記
    染煤矢竹
    素材を選び、下準備をし、道具を選び、最後に仕上げる。 料理のようですね。 写真は染煤矢竹とスターエム様製ドリル。 It...
ご質問・ご相談などがございましたらお気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP